全身脱毛を考えるときに、VIO脱毛という部位は必ず考えなければなりません。
どの脱毛サロンであってもVIO脱毛をすることは可能ですが、そこで人に見られるということを意識しなければなりません。
いくら施術ということであっても、自分のデリケートな部分を他人に見られることは恥ずかしいと誰でも思うものでしょう。

実際に施術をしているときには、どうやって脱毛をしているのかと気になる人は多いかと思います。
たいていの脱毛サロンで、VIO脱毛をするときのやり方はほとんど共通しています。
まず施術を受ける人は紙パンツにはきかえて、ベッドにあおむけに膝を立てた状態で寝ころびます。
そこで紙パンツを脱ぐ必要はなく、施術をするスタッフが紙パンツをずらしながら施術を行ってくれます。

IラインやOラインの脱毛をするときには、施術の都合でスタッフが皮膚を伸ばしながら行っていくことになります。
自分のデリケートゾーンに触れられることになるので、恥ずかしいと思ってしまう人も当然いることでしょう。
ですが、スタッフは慣れている人ばかりなので、そこまで意識をする必要なく施術を行うことができます。
VIOラインは、すべてを合わせて20分程度、30分程度で施術を完結させることができるようになります。
目元は覆われていますので、施術の際にスタッフと目が合ってしまうということがないように配慮もされています。
毛が濃くデリケートな部分なので、最初の施術に関してはかなり痛みがあることを覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
何度も施術をやっていると、自然と慣れていくかと思います。