近年はいろんなタイプの青汁が登場しており、その中でもゼリー状の青汁がかなり注目を集めているのです。
恐らく、存在自体知らない人も多いでしょうが、一体どういったタイプの青汁なのでしょうか?

ゼリー状とは言っても、細いスティックタイプの形となっていることが多いです。
非常にコンパクトに収まっており、小さいカバンでもたくさん持ち運ぶことが可能となります。

飲む時でも袋から開けてそのまま口に入れるだけでOKなので、手軽に摂取できるというメリットもあります。
朝に飲み忘れてしまった時でも、通勤時間中や会社に着いてからでもサッと飲むことができるわけです。

ドリンクタイプのように、わざわざ水で溶かす必要もありませんし、フリーズドライのように解凍させる必要もありません。
そのため、利便性でも非常に過ぎれていますし、普段忙しい人にはかなりオススメできる青汁だと言えます。

価格に関しても、1本あたりの値段はかなり安くなっていますから、経済的にも優しいタイプとなっています。
手軽にビタミンや食物繊維を補うことができるので、栄養補助食品としても大いに活用することができます。

そして何より、ゼリー状の青汁は味の方もとっても美味しくなっている物が多いので、無理なく飲み続けることが可能なのです。
苦味を抑えるために、いろんなフルーツや甘味が加えれているので、苦味をあまり感じずに飲めるわけです。

さて、そんなメリットのあるゼリー状の青汁ですが、一方でデメリットもいくつかあったりします。
やはり栄養面に関しては、ドリンクやフリーズドライに比べると劣ってしまいます。

ゼリー状にする際にどうしても熱が加えられるので、その際にビタミンなどの栄養素を失ってしまうのです。
また、固形物にするために添加物の方も加えられているので、栄養成分をしっかりと詰め込むことが難しいのです。

したがって、手軽に使用できるというメリットはありますが、しっかりと青汁で栄養を摂取したいという人にとっては、やや不向きかもしれません。