便通の改善を目的に青汁生活をはじめるなら、おすすめは『冷凍』タイプです。粉末タイプと比較すると何かと手間は掛かりますが、水溶性食物繊維の含有量に優れます。

◎冷凍タイプの特徴
冷凍タイプの青汁は、加工の際に熱を加えていません。そのため製造段階で栄養素を損なうことなく、食物繊維をはじめ体が必要とするものがぎゅっと凝縮されています。

◎解凍方法
自然解凍・流水解凍・冷蔵庫解凍、いずれでも構いません。しかし葉酸をはじめ一部の栄養素は熱に弱いため、湯銭や電子レンジを使用した解凍は非推奨です。解凍後は風味と衛生面を考え、当日中に消費することをおすすめします。

◎保管方法
必ず、冷凍庫で保管します。冷蔵庫の大きさによっては邪魔と感じることもあるので、購入前には青汁を保管するスペースを確保できるか確認しておきましょう。

◎飲みやすさ
粉末タイプよりもとろみがあり、風味も豊かです。しかし青臭さや苦みを苦手とする人は、そのために飲み難さを感じるかもしれません。青汁メーカーがサンプルを用意している場合は、味見を兼ねてお試し購入がおすすめです。

飲み難いけど続けたい!という場合には、牛乳や豆乳で割って飲むことも出来ます。ただし、熱いものは避けて下さい。葉酸をはじめ、熱に弱い栄養素が壊れてしまいます。

◎他のタイプと比較した場合のデメリット
ひとつは、持ち運びに向かない点です。個別包装された粉末タイプや錠剤タイプであれば持ち運びの際にかさ張らず、外出先でも青汁を飲むことが出来ます。しかし冷凍タイプを持ち運ぶ場合は、事前に解凍しなければなりません。何より、鞄の中でスペースを取ります。

もうひとつは、冷凍焼けです。賞味期限に余裕があっても、出来るだけ早く消費するようにしましょう。冷凍焼けすると、風味はもちろん栄養素も損なわれるため注意が必要です。