飲みごたえ野菜青汁

皆さんは、青汁を飲んだことがありますか?飲んだことがあるという方も、ないという方も広告などでよく耳にすることはあるかと思います。

そんな、青汁に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。飲みにくい、高そう、続かなさそうといったイメージをお持ちではありませんか?しかし、そのようなイメージはもう古いのです。現在発売されている青汁は一般的にそこまで苦くなく、とても飲みやすいものとなっています。

青汁は、野菜の栄養素を多く含み、1日分の野菜の栄養素を摂取する際にはとても重宝する一品です。現在は飲みやすい味も後押しして、とても手軽に栄養素を摂取することができる商品として紹介されることが多いです。

しかし、どうしても従来のイメージが先行してしまい、なかなか手が出しづらいという方も多いでしょう。そんな方に向けて、従来のイメージを覆してくれる、現代の青汁を代表するような商品をご紹介したいと思います。

株式会社エバーライフ 飲みごたえ野菜青汁

「飲みごたえ野菜青汁」という商品があります。こちらは、「皇潤」等のサプリメントで有名な株式会社エバーライフから発売されている商品です。

こちらの商品は、青汁のイメージとされる苦い味ではなく、飲みやすい甘さが特徴となっています。

口コミでも、青臭さがなく、粉末の状態から甘い香りがほのかに感じられ飲みやすい印象を受けた等、その味に注目が集まっています。

飲みやすいだけではなく、もちろん飲用者の健康を考えた上での材料や製法に対するこだわりも込められています。

そんな「飲みごたえ野菜青汁」に込められた代表的なこだわりを1つずつ紹介していきます。

健康を配慮した配合へのこだわり

食材の力を発揮できるように緑黄色野菜・淡色野菜・伝統食材から30品目を選び、その配合にこだわりました。

この30品目は豆類(青大豆等)・種実類(黒ごま)・海藻類(わかめ等)・野菜類(大麦若葉等)・魚介類(鰹節等)・キノコ類(しいたけ)・イモ類(さつまいも等)に分けられ、それぞれに含まれている栄養素を考え配合されています。

健康のことはもちろん、女性にとってはさらに嬉しい効果を持った成分も配合されています。

鉄分やミネラルを含んだ熊笹、アミノ酸やビタミンを含んだローヤルゼリー、うるおい成分を含んだヒアルロン酸も含まれており、健康だけでなく美肌も手に入れることができる商品となっています。

商品に使われる材料・製法へのこだわり

「飲みごたえ野菜青汁」に使われる30品目の材料は全て国産のものを使用しています。また、安定した供給ができるかどうかも考慮して仕入れ先を選定しています。

また、使われる材料は全て余すことなく使用されます。人参のへたの部分など、普段は捨ててしまう様な部分も含めて全てを粉砕し材料として使用するため、その材料が持つ栄養素を全て取り入れることができます。

一般的な製法だと、材料を圧絞してそのエキスを抽出して使用しますが、どうしても絞りきれず、まだ栄養素が残ったまま搾りかすを捨ててしまうことになります。

一般的な製法に比べて、粉砕する製法ならば多くの栄養素を活かすことができます。

飲みごたえ野菜青汁の味へのこだわり

上記の様な工夫で栄養素がたっぷり含まれた青汁も、味が美味しくなければ継続して飲み続けることは難しいでしょう。

そこで、本製品には黒糖・きな粉・抹茶・米粉をブレンドし、甘みのある飲みやすい味に仕上がっています。

青汁と言えば苦いというイメージを覆すこのブレンドこそが、本製品の最大の特徴でありセールスポイントでもあります。飲みやすい味でないと、毎日の栄養素摂取が難しいため、毎日無理なく続けたい消費者としてはとてもうれしい工夫です。

健康に良いものといえども、苦くて飲むのが苦痛だと感じるようなものだと中々継続して飲むことができないのが実態です。飲みやすく、かつ健康になれるというのがとても大きなメリットとなるでしょう。

また、健康が気になり始める中高年層だけでなく、苦い味が苦手なお子様にも美味しく飲んでいただける味となっているので、親子2世代もしくは3世代で健康を意識した生活を送ることも夢ではありません。

苦味からの脱却

本製品を飲みやすくするための工夫として、上記の様に黒糖などの甘い物がブレンドされているという事も挙げられますが、主原材料である大麦若葉にもその工夫が見られます。

従来の青汁はケールという野菜が主原料となっていました。このケールという野菜、栄養価がとても高くそこに注目が集まっていましたが、とても苦い野菜だったのです。

この苦味が従来の青汁の苦さを表しており、かつてはバラエティ番組等で罰ゲームとして用いられることが多々ありました。

しかし、このケールに代わる程高い栄養価を持つ野菜があることが判明します。それが本製品の主原材料となっている大麦若葉です。その他にも明日葉等もケールと同程度の栄養価があると言われています。

ケールの代替品として挙がった大麦若葉や明日葉は、ケールに比べると味もマイルドでそこまで苦くはありませんでした。そこで、青汁の主原材料として用いられることが多くなったのです。

水に溶かす以外の色んな飲み方

本製品は2包で350g相当の野菜からとれる栄養素を摂取できる計算となっています。一般的に、1日に必要な野菜の量は350gと言われているので、発売元である株式会社エバーライフからは1日2包(2杯)の飲用をお勧めしています。

この粉末を水に溶かして飲むのが一般的とされていますが、お手軽な分毎日それだと飽きてしまう可能性もあります。そこで、インターネットで検索をすると水で溶かして飲む以外の方法が何通りも知ることができます。

一番お手軽に味を変えられそうなのが、水ではなく牛乳に粉末を溶かす方法です。また、甘すぎるものが苦手だという方にはお味噌汁やコーンポタージュに溶かす方法も紹介されています。

少し変わったものだと、パンケーキミックスに青汁の粉末を混ぜパンケーキを作るという方法も紹介されていました。

ここに紹介したものはほんの一部です。皆さんもいろんな方法を試してみてください。

飲みごたえ野菜青汁 気になる料金は?

初めての方は、まずは「お試し10パック」からの購入をお勧めします。こちらは税込み1080円となっており、1パック(1杯)あたり税込108円で飲める計算となります。

通常は30パックからの注文となっており、こちらは税込3240円です。1パック(1杯)あたりの値段は「お試し10パック」と変わりません。

また、毎月30パックが届く定期配達コースも用意されています。こちらは通常税込3240円の商品が、2910円になって少しお得です。定期的な飲用を予定している方にとってはこちらの方が良いでしょう。

どのプランにおいても送料は全国無料なので、気になる方はお気軽にお問合せしてみてください。

手軽に美味しく健康維持を目指せる商品

「良薬口に苦し」という言葉がある通り、体に良い成分を含んでいるものは苦く美味しくないというイメージがどうしても強いと思います。

しかし、今や科学の進歩によってそのイメージは古いものとなりました。苦い物を顔をしかめながら飲んで、健康を維持する時代は終わりを迎えたのです。

しかも、1日分とされる大量の野菜を調理して栄養素を摂取するという手間も省けるようになりました。

これからは、手軽に美味しく健康維持を目指す時代です。健康が気になる皆さん、まずは手軽にできるこの商品から始めてみませんか?

この記事を読んで気になった方は、ぜひお問合せしてみてください。