青汁を飲む方法としては、必ずしも市販の物を購入して飲むだけでなく、自分で作って飲む方法もあるのです。
自分にぴったりの味で青汁を作ることができるので、とっても美味しく飲むことができるのです。

さて、主な青汁のつくり方ですが、原材料であるケールや大麦若葉を用意できれば理想的ではありますが、これらの野菜を市販で手に入れるのは結構難しいです。
したがって、一般的に自家製青汁を作る場合には、キャベツや小松菜やブロッコリーなど、できるだけ栄養価の高い野菜で代用するといいでしょう。

それらの野菜を用意したら、綺麗に洗ってミキサーに入れブレンドするようにしましょう。
もしミキサーがない場合には、すり潰して汁を取るやり方でOKです。

完成したら、もちろんそのまま飲んでもいいのですが、飲みづらいのであれば水を加えたり、あるいはハチミツやジュースなどを入れてみるといいでしょう。

できた青汁はとても新鮮な状態となっているので、できるだけ早めに飲むようにしましょう。
どうしても1回で飲みきれない場合には、コップにラップを被せて、冷蔵庫に保管して早めに飲むようにしましょう。
もしたくさん作った場合には、冷凍保存をすることである程度長い時間保管することができます。

さて、青汁は飲む以外にもいろんな方法で活用することが可能です。
例えば、スープとして飲む方法もありますし、様々な料理に使用することもできます。
したがって、飲むのに飽きた時などは、そういったやり方で活用してみるのもいいかもしれません。

自分で青汁を作る大きなメリットは、自分で好きなようにアレンジすることができるので、自分にぴったりのやり方で活用することができるわけです。
どうしても飲みにくいイメージのある青汁ですが、自家製青汁を作ることによって、とっても美味しくて長く愛用できる素晴らしい製品になってくれるのです。