同じ青汁でも、タイプによって栄養素が異なることを覚えておく必要があります。
したがって、もし栄養の高さを重要視するのであれば、それに合った青汁を選ぶ必要があります。

例えば、最近では飲みやすいサプリメントや粉末タイプの青汁が増えてきました。
これらは苦味をあまり感じずに飲むことができますし、持ち運んでいつでも気軽に飲めるというメリットもあります。

ただ一方で、サプリメントや粉末タイプの青汁というのは、加熱による処理がされていることから、その過程で失ってしまう栄養素も多いのです。
特にビタミンCなどは、熱にかなり弱い成分でもあるので、加熱するとほとんど摂取することができなくなってしまうのです。

したがって、しっかりと栄養を摂取したいのであれば、液体やフリーズドライによる青汁を飲むのがいいでしょう。
これらは、製造する際に熱は一切加えられていませんから、そのままの栄養を摂取することが可能になるのです。

飲む時に少し手間がかかってしまうことと、どうしても苦味を感じやすいデメリットはありますが、それでも栄養の高さはぴかいちですから、こちらを選ぶことを検討してもいいでしょう。

ただ、いくら栄養素が高い青汁であっても、結局それを継続して飲まなければ意味がないわけです。
そのため、自分に合わない物を無理に飲んでも続かない可能性が高いので、そこも考えた上でどの青汁を選ぶかを決めた方がいいでしょう。

粉末やサプリメントの青汁は、確かに液体やフリーズドライよりも栄養は劣るかもしれませんが、飲みやすいという大きなメリットがあるわけですから、そちらを選んだ方がいい人もいるわけです。

そして、あくまで青汁は健康食品ですから、本来は栄養を補うことを目的としているわけです。
そのため、本当の意味で十分な栄養を摂取したいと考えているのであれば、普段の食生活から見直さないといけないのです。