青汁と言えば、やはりドリンクとして飲む印象が強いと思います。
最近では錠剤やサプリメントの青汁が普及していますが、もちろんドリンクタイプの方を愛用している人もまだまだ多いです。

さて、ドリンクタイプの青汁のメリットですが、なんといっても栄養がしっかりと詰まっていることでしょう。
サプリメントの場合は、どうしても製造過程で熱を加えることになるので、いくつかの栄養成分が失ってしまうのです。

その点ドリンクタイプであれば、全ての栄養素を逃すことなく詰め込むことができますから、高い栄養素を摂取することが可能となるのです。
添加物もほとんど含まれていないので、健康のことを考えてもより効果があるのです。

また、ドリンクタイプは美容効果も高いですし、ダイエットとして活用することもできるので、健康以外にも様々な効果をもたらしてくれるのです。
ですから、若い人から年配の人まで、幅広く愛用されているわけです。

ただ一方で、ドリンクタイプだからこそのデメリットもあります。
やはり、味の方はどうしても苦味を感じてしまうので、飲みづらい人や口に合わない人も多いでしょう。
もっとも、その場合はハチミツや牛乳などを混ぜることで、苦味を緩和されることができます。

また、サプリメントと違って持ち運ぶことができませんし、コップに入れて溶かさないといけないので、どうしても手間と時間がかかってしまうのです。
したがって、朝が忙しい人にとっては、少し不便に感じてしまうかもしれません。

このように、ドリンクタイプにもメリットとデメリットがありますから、自分はどちらがいいのかを考えた上で選ぶようにしましょう。
いくらドリンクタイプの青汁は栄養素が高いとは言っても、自分に合わなければ飲み続けることは難しいわけですから。