便秘が続くと、体には様々な症状が現れます。その原因は、便による『毒素放出』と『老廃物の蓄積』です。これらは、肌荒れや花粉症をはじめとするアレルギーの要因になるといわれています。

私もかつては酷い便秘体質で、週に一度お通じがあるか、ないかという状態でした。もちろん肌は荒れ放題、おまけに年中何かしらのアレルギーが出る始末。鼻水が止まらなくなるため、外出時はティッシュ必須で……ところが、現在は便通が一日一回。肌はつやつやで、アレルギー反応も春の花粉症だけになりました。

私の体を変えてくれたのは、青汁です。両親が健康のために飲み始め、その結果が相当よかったのか、私にも仕送りをしてくれたことが切っ掛けでした。

その青汁は粉末タイプで、一杯分ずつ個別包装でした。牛乳で溶くと抹茶オレみたいで美味しいよ!との母のメモを信用し、私はさっそく試飲。通常は150~200mlの水量で溶くそうですが、私は濃い目が好きなので100mlの牛乳で溶きました。

やっぱり青汁は青臭いのかなー苦かったら砂糖を入れてもいいかなーと考えながら口をつけたところ、まあ美味しいこと!青臭さも苦味もなく、牛乳と良く合う!

一気に飲み終えて、さらに驚きました。コップの底に、粉末の残りがまったくなかったんです。これは凄い!と純粋に感動しました。

さらにさらに驚いたのは、翌々日です。朝食後に、便通!前回の便通は2日前……いつも週一の便通の私にとって衝撃でした。おまけに、驚くほどすっきり出たんです。

これまでも便秘対策として、毎日サラダを食べていましたが……青汁で解消したということは、量が足りていなかったんですね。やはり、一日350gの壁は多いいです。

青汁歴1年の今は、毎日しっかり出ます。先にお話した通り、ニキビでぶつぶつだった肌も綺麗になり、アレルギーもだいぶ収まりました。何より、毎日体が楽なんです。軽いというか、常にエネルギーいっぱいというか。苦だった運動も、楽しく出来る様になりました。

ちなみに、一括りに青汁といっても含有する食物繊維量には違いがあるので、便秘対策として取り入れる際は注意してください。もっとも食物繊維が豊富なのは、私が飲んでいるものと同じ『粉末』タイプ(3.6g)で、ほかのタイプは1g以下となっています。