冷たい状態で青汁を飲むと、どうしても胃に負担がかかってしまう人も多いでしょう。
特に冬の時期に冷えた青汁を飲むのは、かなり辛さを感じてしまうかもしれません。

そのため、少しでも飲みやすくするために、青汁を温めて飲むという人もいたりするわけです。
ただ、ここで1つ心配になるのは、青汁を温めると効果の方は失われないのでしょうか?

例えば、フリーズドライのように非加熱で作られている青汁の場合は、温めてしまうと栄養素がどうしても失われてしまいます。
このような青汁は、熱に弱いビタミンCを壊さないように作られているため、温めることで大部分が失ってしまうわけです。

したがって、とにかく栄養の高さを第一に考えている人であれば、温めて飲むのはあまり好ましくないかもしれません。
ただ、ぬるま湯に混ぜて飲むぐらいであれば、そこまでビタミンCを失うわけではないので、それなら栄養が高い状態を保ちつつ、幾分飲みやすくなると思います。

一方で、すでに加熱をしているタイプの青汁であれば、温めてもそこまで栄養素に影響をもたらすことはありません。
もっとも、このようなタイプの青汁は、元々ビタミンCなどがほとんど含まれていないので、栄養を重視する人には不向きかもしれませんが。

ただ、栄養面を気にすることも大事かもしれませんが、やはり継続して飲み続けるためには、飲みやすくすることも重要だと言えます。
それに、冷たい青汁を飲んで調子を悪くしては元も子もないので、それなら多少栄養を犠牲にしてでも、温めた方がいいと思うわけです。

足りない栄養成分は普段の食事であったり、別のサプリメントでも摂取することはできるので、青汁だけで全てを賄う必要性もないのです。

もちろん、温めずに問題なく飲むことができるなら、それが1番理想ではありますが、とりあえず最初はそのままの状態で飲むようにして、その上で厳しいと感じたら温めたりすればいいわけです。