日々の野菜不足解消はもちろん、健康維持にも役立つ青汁。そんな青汁に関する資格が存在することを、皆さんはご存じでしょうか?一般社団法人・青汁マイスター協会が実施・認定している、社会的にも認められた資格です。

資格を持つ人は『青汁マイスター』と呼ばれます。受験資格は誰にでもあり、学歴・職歴は関係ありません。青汁を取り扱う商売をしている人はもちろん、純粋に「青汁が大好き」という一般人でも受験できます。

試験は年2回、開催されます。講座も同日のスケジュールで、併せて一日で完了です。費用は税込5,000円で、受講費込みと考えるとかなり安価です。また難易度もそれほど高くなく、挑戦してみようかな?という気持ちがあれば合格を目指せます。

青汁マイスターの資格は、仕事面において役立ちます。例えば、飲食店などで青汁を活用したメニューを展開する場合。“プロの料理人による考案”だけでも箔はつきますが、ここに“青汁のスペシャリスト・青汁マイスター監修”という一文が加わると、どうでしょう。より一層、料理に箔がつきませんか?

消費者は、より安心・信頼できるものを求める傾向があるため、こうした箔はとても重要です。もちろん、青汁マイスターが活躍するのは飲食店に留まりません。料理や健康に関する教室・セミナーからも引く手数多です。

家庭においても、青汁マイスターの資格は重宝します。家族の健康管理はもちろん、集会などちょっとした席に出す料理に知識を活用すれば、多くの人から評価されるでしょう。

健康管理や料理は年齢を問わず話題にできるため、人付き合いの切っ掛けとしても青汁マイスターの資格は役立ちます。なぜならアドバイスを受ける側は、“素人”より“資格保有者”に信頼を寄せるためです。この人のアドバイスであれば大丈夫!という安心感も得てもらえるので、尚のこと円滑な交流が出来ます。

青汁マイスターになるために大切なことは、やる気と興味の有無です。気になる方は是非、前向きに受講・試験をご検討下さい。