青汁にはたくさんの栄養成分が含まれていますが、基本的には3つの原材料によって支えられているのです。
それらによって高い栄養素を保つことができ、健康にも良い効果をもたらしてくれるのです。

まず1つはケールであり、青汁に中で最も有名な原材料だと言えます。
日本ではあまり普及していませんが、海外では一般家庭でも多く食べられている野菜となっています。

栄養素が非常に高いことで有名で、キャベツと比較をしても、カルシウムは約5倍となっており、ビタミンCも約3倍となっているのです。
食物繊維もたっぷりと含まれていることから、生活習慣病の予防にもなりますし、便秘の解消効果にも期待ができるのです。

次に2つ目が大麦若葉で、多くの青汁ではケールに次いで多く含まれているのです。
ビタミンとミネラル、そして酵素も多く含まれていることから、普段の食事でなかなか摂取できない栄養素を補えるのです。
また、苦味の方もケールに比べると抑えられていますから、子供にとっても飲みやすくなっているのです。

そして3つ目が明日葉で、ケールや大麦若葉ほどではありませんが、青汁の中でも人気の高い原材料となっているのです。
栄養面も上記2つに劣りませんし、糖尿病や高血圧などを改善させる効果があるので、特に中年世代の人にオススメできる原材料なのです。

これら以外にも色々な原材料や成分は存在しているのですが、大半はこの3つが主流となっていますから、自分の健康状態や体質に応じて選ぶといいかもしれません。

また、健康面だけでなく、美容やダイエットや便秘解消など、そちらを意識して作られた青汁も多く存在していますから、自分の目的にマッチした製品を選ぶことをオススメします。

もっとも、どういった青汁が自分に合っているのか、実際に飲んでみるまでは分からない人も多いでしょうから、とりあえず気になる青汁を見つけたのであれば、まずは一度試しに購入して飲んでみるのがいいでしょう。