めっちゃたっぷりフルーツ青汁

青汁と言えば苦くて飲みにくいというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、現在ではフルーツ青汁というとても飲みやすい商品が販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

青汁に使用されている物

一般的な青汁の場合、ケールという野菜を使って作ることが多いでしょう。しかし、ケールは栄養素の面では問題ないのですが、苦いという欠点があります。そのため、子供にはかなり飲みづらいですし、大人でも敬遠する人がいたほどです。そこでケールに代わるいろいろな食材を使って青汁が作られるようになっていきました。

例えば大麦若葉や桑の葉、明日葉などを使用する機会が増えていったのですが、そうすることで苦みを抑えられ、ケールに匹敵するかそれ以上の栄養を摂取することができるようになったのです。それでも人によっては飲みにくいという場合もあるでしょうが、そこで注目したのが果物です。果物は甘くてみずみずしいので、とても食べやすいと言えるでしょう。

もちろん野菜も使用していますが、果物を加えることで、よりフルーティーで飲みやすい商品が登場しました。野菜が嫌いな子供は多いですが、果物が嫌いな子供というのは少なくなっています。大人でも受け入れやすい味なので、フルーツ青汁が誕生したと言えるでしょう。そんなフルーツ青汁には、数多くの果物を使用しています。

大麦若葉が主原料

昔はケールがよく使用されており、現在でも主原料として使用していることが多いでしょう。しかし、ケールほど苦くはなく、栄養価もケールより勝る物があったらどうでしょうか。それが大麦若葉と呼ばれている物です。たくさん存在している青汁の原料の中でも、大麦若葉はかなり人気があると言えるでしょう。もちろんフルーツ青汁にも使用されています。

大麦若葉というのは、名前の通りにビールや麦茶などの原料として使用されている大麦の若い葉のことなのですが、この葉にはとても豊富な栄養素が含まれているのです。特に食物繊維やカルシウム、ビタミンCやビタミンEの量が多くなっています。食物繊維の多い食材としては、キャベツがよく知られているでしょう。

大麦若葉はキャベツの10倍の食物繊維が含まれています。カルシウムの多い物と言えば牛乳が思い浮かぶでしょうが、大麦若葉は牛乳の4倍のカルシウムが含まれているのです。さらにビタミンCはミカンの4倍、ビタミンEはニンジンの10倍も含まれているので、これだけでも体によいというのがわかるでしょう。

大麦若葉と組み合わせて使用する主原料

主原料は1つだけ使用することが多いのですが、フルーツ青汁では、より効果を高めるために3種類の主原料を使用しています。1つ目は先ほど紹介した大麦若葉ですが、他の2つは何を使用しているのでしょうか。それは明日葉とクマザサです。明日葉は伊豆諸島で多く利用されており、ふりかけやてんぷらにして食べることが多くなっています。

カルコンという成分が含まれているのですが、ポリフェノールの一種なので、老化防止によいと言われています。苦みも少なく食べやすい食材として注目されていますし、青汁にもよく用いられているのです。しかし、クマザサというのはあまり聞いたことがないという人もいるでしょう。クマザサというのは、必須アミノ酸をたくさん含んでいる食材なのです。

必須アミノ酸というのは、体に必要な成分であるにも関わらず、体内で生成できないので、外部から摂取しなくてはいけない成分のことです。この必須アミノ酸がたくさん含まれていることと、さわやかな風味で癖がないので、食べやすくなっているというのが主な特徴になっています。ただし、クマザサには欠点も存在しているのです。

それは葉が固くなっているので加工が大変という点なのですが、日本は世界屈指の技術大国なので、固くて加工が行いにくいクマザサでも簡単に加工できる技術を開発しました。これによって3つの主原料を使用したフルーツ青汁ができたのです。もちろん他にもたくさんの食材や成分が利用されていることはいうまでもありません。

どのような効果があるのか

フルーツ青汁にはいろいろな効果があります。そこでどのような効果があるのかを見ていきたいと思いますが、1つ目はダイエット効果です。野菜には食物繊維が多く含まれているので、主原料として使用している3種類の野菜以外にも、いろいろと含まれていることから、当然食物繊維もたくさん入っているのです。

そのため、ダイエット効果が期待できるでしょう。食物繊維は整腸効果があり、便秘の予防にもよいと言われています。よって美肌効果も期待できるのですが、フルーツ青汁にはビタミンCやプラセンタ、セラミドと言った美容効果の高い成分も含まれているので、肌の老化防止や肌荒れの改善などにも力を発揮するでしょう。

さらに豆乳パウダーが使用されていることから、女性ホルモンを整える効果も期待できます。豆乳の原料は大豆ですし、大豆には大豆イソフラボンが含まれていることから、更年期障害の予防にも効果を発揮するでしょう。ダイエットを成功させたい人はもとより、美容に気を使いたいという人にもおすすめできる青汁になっています。

料金がとても安い

これだけ効果のあるフルーツ青汁を購入する場合には、料金が高いのではと感じてしまう人もいるでしょう。現在では不景気で経済状況も悪く、政治家の悪政で大増税が行われた上に、物価の上昇で生活が苦しい国民がたくさんいる状況です。そのため、いくら効果的であっても、料金が高ければ購入してもらうのは難しいと言えるでしょう。

そのため、フルーツ青汁はお手頃価格に設定されているのです。単品で購入する場合には3980円になっているのですが、これでは一般的なサプリメントと変わらないと思う人も多いでしょう。しかし、ラクトクコースを利用することで、大幅に安い料金で購入することができるのです。ラクトクコースというのは、簡単に言えば定期購入のことです。

主な特典は4つあるのですが、1つ目はどこの地域であっても送料が一切かからないことです。送料というのは、インターネットで物を購入する場合の最大の欠点だと言えるでしょう。その送料が無料ということは、かなりお得だと言っても過言ではありません。2つ目は初回購入時に限り、全額返金保証がついているという点です。

ただし、30日以内に申し出ることが条件になっているので注意しましょう。3つ目は初回購入時はお試し価格となり、630円で購入できるのです。もちろん普通に売られているフルーツ青汁と同じ商品になります。最後の4つ目は、2回目からの購入でも3480円で購入できるので、常に12パーセントオフの料金になっています。

どのような飲み方が効果的なのか

フルール青汁は薬ではなく、普通の食品と同じです。そのため、いつ飲んでも全く問題はありません。ただし、注意するべきことがいくつかあるのですが、それは飲み過ぎないことです。どれだけ体によい物であっても、飲み過ぎは体によくありません。フルーツ青汁の場合には、飲み過ぎるとお腹が緩くなることがあるので、きちんと適量に留めておくことが重要です。

これだけ守っていれば、後は好きなときに飲んで問題はないのですが、そんな中にも効果的な飲み方が存在しています。やはり人間というのは、規則正しい生活が重要です。そのため、フルーツ青汁も食事の時間に飲むのが効果的になります。さらに食前に飲むのが効果的と言われているのです。

食事というのは、食べる順番で太りやすさが変わってくると言われています。ご飯から食べる人は太りやすく、野菜から食べる人は太りにくいと言われているので、食事をする前に飲んでおくのが最もよい飲み方だと言えるでしょう。特にダイエットをしたいという人は、夕食のときに飲むことをおすすめします。

高評価の口コミが多い

フルーツ青汁の口コミを見ると、高評価がとても多くなっています。例えば徐々に肌荒れが改善されてきたという内容や、ダイエットに成功したという内容もよく見かけます。そんな中でも特に多くなっている口コミは、青汁なのに飲みやすいという内容です。